髪の毛基礎知識シリーズ髪の毛=海苔巻きって?髪質改善特化 美容院 LOTTA CUCCI 表参道店

髪の毛の構造を説明するのによく海苔巻きに例えることがあります。
具材→メデュラ
米→コルテックス
海苔→キューティクル

具材→メデュラ(毛髄質)
髪の毛の中心にある
“芯”のような存在。
働きはよくわかっていませんが
膨潤や収縮する際の緩衝スペースや大きな空洞を有する動物の毛では断熱効果に役立っていると考えられています。

米→コルテックス(毛皮質)
髪の毛の85~90%を占めるコルテックスは
“水分量”や髪の”弾力”などを決める組織です。
髪の毛の色や質を
決定する重要な部分でもあります。

海苔→キューティクル(毛表皮)
キューティクルは
毛髪表面をウロコ状に覆っています。
キューティクルが整っていると髪に輝くようなツヤが出ます。
内側のコルテックスを保護しているキューティクルは硬い半面
摩擦などの物理的刺激には弱く
乱暴なブラッシングなどで傷ついたり、剥れたりします。

海苔巻きがダメージを受けるとます海苔が守ってくれます。
しかし、海苔は一度剥がれてしまうと同じ場所に復活はしません。
そしてダメージを受けた海苔巻きの海苔が剥がれた場所から米が流れ出てしまいます。
一度流れ出た米も自力では復活しないので、外部から補充しないといけません。
その補充をしてくれて
擬似的に海苔を巻き直すのがいわゆる”トリートメンド”になります。

つまり傷んだ髪というのはキューティクルが傷ついておりコルテックスが流れ出てしまっています。
要は海苔がポロボロになり米が少なくなってる海苔巻きのような状態になってます。
こうなると髪の毛自体が水分を保持できず乾燥したり毛の構造が弱くなっているのでカラーやパーマ、プローやセットなど何をしてもうまくいかなくなってしまいます。

この海苔巻きで説明した
髪の毛の仕組みがわかっていると
ご自身のダメージ対策や髪についての解説にも役立つかと思います。
どうか頭の片隅に入れておいてください。

——————–営業時間——————–
【髪質改善特化美容院LOTTA CUCCI表参道店】
平日11:00-20:00
土日祝日10:00-19:00
——————–予約方法——————–
ホームページ内にある【ホットペッパー】【LINE】のリンクからご予約ができます。
お電話でのご予約は承っておりませんのでよろしくお願いいたします。